ロレックス買取はダメージに注意! 


ロレックスは丈夫さも人気の理由の一つです。スポーツモデル、サブマリンモデルなどの、アクティブな場面や過酷な環境に対応できるモデルも製造しています。

しかしすべてのモデルが丈夫なわけではなく、特に金無垢で作られているモデルなどは傷に弱いです。いくら高級な時計でも、傷がひどければ買取を断られることも十分考えられます。

また、傷がなくても定期的なメンテナンスをしていなければ、買取を断られる場合もあるようです。

オーバーホールという、分解を伴う整備ですが、これは壊れる前にきちんとしておかなければならないメンテナンスです。外から見ただけでは中の問題はわかりませんし、気づかないうちに劣化してしまってることもありますから、きちんとした技術のある専門店などで定期的に見てもらうようにしましょう。

そうした内部のダメージも未然に防ぎ、もちろん外側もこまめに磨くなどしておけば、買取をお願いするときにも状態がよく高値で買ってもらうことができるようになります。

This entry was posted in ロレックス買取のポイント解説. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found